老老介護とは

高齢化と核家族化が進んだ現在、少子化問題に続き老老介護という新たな問題が出てきています。この老老介護、まだ聞き慣れない言葉かもしれません。

老老介護とは、高齢者が高齢者の介護をせざる得ない状況のことです。高齢化が進む中高齢のご夫婦がお互いの介護をせざる状況が深刻化しています。

老老介護の原因は、少子化が進みまず高齢者のご夫婦のみの世帯が増えたことがあげられます。出生率が下がり、成人後実家に残る子供がなかなかいなくなり高齢者の夫婦のみの世帯数が増加しています。

高齢者夫婦が元気なうちは良いのですが、どちらかが病気や怪我をしてしまうと介護が必要になってきます。怪我の場合は短期間で治療が終わるケースも多いのですが病気の場合は入院や自宅介護がどうしても必要になってきます。

そして老老介護という世帯が増えてきているという事です。介護とは専門の介護士の方でも腰や腕などを酷使しますので特に腰痛などをお持ちの方が多い大変な職業です。

その介護を体力が落ちた高齢者の方がやっていくわけですから身体に負担がかかってくるのは当然のことで、老老介護から介護をしていた方の方が介護疲れ、介護で腰を痛めるということも頻繁に起こっているようです。

ご夫婦のおひとりが介護が必要という場合だけでなく、お二人共に介護が必要、だが介護をしてくれる身内の家族が近くにいないという核家族を象徴するような世帯構成が日本各地で増加していることを考えると、日本の将来は一体どうなってしまうのでしょう。

老老介護問題は行政だけでなくひとりひとり自分自身の問題として

最近ではテレビや新聞で老老介護の問題も報道されていますのでご存知の方も多いと思いますが、介護の肉体的、また精神的な負担の大きさから考えると、老老介護の問題は高齢者大国の日本では避けては通れない近々の問題だといえるでしょう。

老老介護の場合、介護施設への入居も選択肢のひとつではありますが、介護施設に入るのにも費用や入居待ちの問題で、自宅での介護を続けざるを得ないことも多いようです。

介護施設への入居に関しても、介護度や支払い能力等の問題で、ご夫婦別々の入居になってしまうケースもあったりするそうです。厚生省や地方自治体には少しでも早く、老老介護の問題を少しでも改善する制度を確立していただきたいと切に願わずにはおれません。

自分自身にも訪れるであろう、介護、老老介護という問題を私自身真剣に考えて行政や介護施設とともに改善案を模索していきたいと考えています。