ピアノ クラシックの楽譜

クラシックの曲はピアノのレパートリーの王道と言えるでしょう。その数はレベル別に分けても、時代別に分けても正に無限と言っても良い程の曲数があります。

皆さんがよく聞くのはバッハやシューベルトなんかではないでしょうか。彼らのような有名な作曲家もいれば、誰も知らないような無名の作曲家達もいます。

無名だからと言って曲が素晴らしくないわけではありません。無名でも曲を聞いたらテレビで聞いた事がある曲が意外と多いものです。クラシックの楽譜は楽器店やインターネットで手に入れることができます。

レベルにもよりますが、クラシックの楽譜はレベルが高くなればなるほど当たり前かもしれませんが音符や記号の数がかなりの量登場します。もし、独学でクラシックを練習しようと思うのなら、一緒にその曲が収録されているCDも購入することをお勧めします。

クラシックが楽譜通りに演奏することが出来るようになったら、是非ペダルも加えてみてください。ペダルを加えてみるだけで、その曲が何倍にも深い曲へと変化します。

曲にもよりますが、ペダルを使い始めたら逆に使わないときの曲は何となく物足りなさを覚えるに違いありません。やたらめったらペダルを使うのではなく、ポイントポイントでCDを聞きながらでも良いですから、どの場面で使用したら効果的なのか、じっくり考えて曲を完成させてみるといいかと思います。

ピアノのクラシック楽譜はインターネットや楽器屋さんで探せます。

始めはペダルを上手く使いこなさないかもしれません。そんな時は曲でペダルを使うのではなく、ただ単純に「ドレミファソレシ・・・」と音階を順に弾いていき、ペダルを踏む瞬間、離す瞬間の感覚を掴む練習をしてくださいね。

今弾いてる音の前の音が残って一緒に響いていないか、音と音の間がプツッと途切れてしまわないか、この2点を充分にチェックして是非練習を重ねてみてくださいね。

ペダルが上手に操れるようになれば、クラシックの楽しみが何倍にも膨れ上がります。前々から弾いてみたいと思っていた曲の楽譜をインターネットなり楽器屋さん等で探してみましょう。

あまりクラシック知らないから弾きたい曲なんてない・・・という人もテレビでふと耳にする曲でも構いません。調べてみたら案外ピアノ曲だったりします。

クラシックはレベル別に特集されていることも多い為、自分のレベルにあった曲を見つけやすいです。是非、クラシックを練習してピアノの音の世界にどっぷりハマってみてくださいね。

v class="w">楽譜出版ケイ・エム・ピー(kmp)www.kmp.co.jp/ - キャッシュピアノ、ギター、バンドスコアからコーラス、リコーダー、ハーモニカまで、様々な曲集やピースを出版しております!新刊速報、特集、話題の ... 大きく見やすい譜面と音名ふりがな付きの大人のピアノシリーズの新刊はクラシック名曲編です。憧れのクラシック の...
楽譜出版ケイ・エム・ピー(kmp)
v class="hd">ショパンの楽譜、どの版を使ってますか?? - クラシックの森:ショパン大好きcosmic-classics.hatenablog.com > トップ > 楽譜ポーランドで5年に一度開催されるショパン国際ピアノコンクールでは、ヤン・エキエル編のナショナル・エディション(通称:エキエル版)を使用奨励楽譜としているようですね。 このエキエル版の編纂(へんさん)は、ポーランドの国をあげての事業...
ショパンの楽譜、どの版を使ってますか?? - クラシックの森:ショパン大好き